スポンサードリンク

2007年11月06日

チャイニーズフード 2 

チャイニーズフード1位は肉骨茶ということでしたが、
耳慣れない方もいらっしゃると思います。
さて、これにめげずに、

第2位は
ホッケンミー  です。

これはいわゆるラーメンです。
麺のことを中国語では「ミー」と呼びます。

ホッケンミーとは
ホッケンというのは地名ですよね。
中国は省という呼び方をしますが、
ホッケン省(ホッケンの漢字じゃなくてすみません・汗)
の味付けということです。

海老の風味とチリが効いた
素晴らしいスープに感動しました。
麺はビーフンでも普通の麺(黄色いラーメン)でも選べるようになっています。
お値段はなんと100円程度ですね。

ホッケンミーを食べさせてくれるホーカーは山のようにありますが
やはりおいしい店というのは人があつまるもので
わざわざ車を飛ばして食べにいくこともありました。

もちろんどこにでもあるので、自宅から少し散歩すればホッケンミーには
出会えます。これはペナン特有の楽しさですね。

おやつがわりに食べたり、夕飯代わりに食べたり、
100円で夕飯が済むなんてマジで夢のようです。
今は日本で仕事をしながら二人の息子(高校生と中学生)の食事の準備も
ある中、あの気軽な外食文化が懐かしいです。

日本では気軽といえば松屋、吉野家、立ち食いそば、マックですかね?^
日本ではファーストフードよりはローフードが流行ですよね。
でも現実的に考えると、さっと食べれて安い、この魅力はたまりません。
食べ物を注文したときの待ち時間ってすごく重要ですよね。
おいしいものをさっと食べれる環境がペナンのホーカーなのです。
posted by ひかりん at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナン島のおいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。