スポンサードリンク

2008年05月18日

ペナン島で英語学習

ペナン島で英語を学習する。

とても良い環境です。
そりゃあ、発音はマレー語なまりやチャイニーズなまりの
英語が飛び交ってますが、

個人的に英語を学ぶ機関であれば
なまりは軽減されています。

教える人の英語の発音がチャイニーズのなまりが入っている
場合は、チャイニーズなまりの英語になります^^

例えば関西で3年も住んでいると、関西なまりが移りますよね。
英語のなまりも一緒です。

英会話は音をマネするところから入りますので
中国なまりは強烈にインプットされてしまいますから
それが嫌であれば、ちゃんとしたネイティブの先生を
見つけることが大切です。

ペナンはイギリスの植民地だったからかなのかは
理由はわからないですが、英国圏の移住者や駐在者が多いです。

英語を学ぶ学校も「イングリッシュカウンシル」など
英国系の学校もありますね。

アップランズインターナショナルスクールという
年少さんから高校生までが学ぶイギリス系のインターが
プラウティクスにありまして、ウチのヤツら(息子)も
そこで4年ほどお世話になった時期があります。

そこで働く先生達は意外にも気さくに個人的に英語を教えてくれたりします。

家庭教師を探す場合には、口コミもいいですが
日本人間の口コミですと、日本人価格に値段が跳ね上がっている
場合がありますから、
そこは避けて、まずはタウン誌や各国のアソシエーションなどに
足を運んだりして自分の力で探す事をオススメしますよ。

私は最初は日本人口コミからはじまり、
次はインターの先生と友達になってその人から教えてもらい、
次は同じコンドミニアムで友達になったイギリス人の女の子に
教えてもらいました。

こちらは日本語が話せますから、ギブアンドテイクでやるのも
一考です。


posted by ひかりん at 23:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然ですが、コミュニケーションサイトを運営しております。
p-netbanking と申します。当サイトでは、
「人気ブログをランキング」を重要なテーマとし、
ブロガーの方々の、コミュニケーションの場を提供すると同時に、
どなたでも無料で参加でき、よりエンターテイメントに、
気軽に立ち寄れるサイトを目指し、日々、努力をしています。
貴ブログ様のご登録の御願いにコメント欄を
お借りしてご案内をいたしました。
是非とも、貴ブログのご登録、及び、
ランキング参加を御願いできれば幸いです。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
検索バー横にブログ登録フォームがあります。
また、検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております。
重複してご案内になりましたらお詫び申し上げます。
なお、全く興味のない方は、削除してください。
失礼いたします。
Posted by magazinn55 at 2008年06月19日 13:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97185994

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。