スポンサードリンク

2008年05月18日

ペナン島で英語学習

ペナン島で英語を学習する。

とても良い環境です。
そりゃあ、発音はマレー語なまりやチャイニーズなまりの
英語が飛び交ってますが、

個人的に英語を学ぶ機関であれば
なまりは軽減されています。

教える人の英語の発音がチャイニーズのなまりが入っている
場合は、チャイニーズなまりの英語になります^^

例えば関西で3年も住んでいると、関西なまりが移りますよね。
英語のなまりも一緒です。

英会話は音をマネするところから入りますので
中国なまりは強烈にインプットされてしまいますから
それが嫌であれば、ちゃんとしたネイティブの先生を
見つけることが大切です。

ペナンはイギリスの植民地だったからかなのかは
理由はわからないですが、英国圏の移住者や駐在者が多いです。

英語を学ぶ学校も「イングリッシュカウンシル」など
英国系の学校もありますね。

アップランズインターナショナルスクールという
年少さんから高校生までが学ぶイギリス系のインターが
プラウティクスにありまして、ウチのヤツら(息子)も
そこで4年ほどお世話になった時期があります。

そこで働く先生達は意外にも気さくに個人的に英語を教えてくれたりします。

家庭教師を探す場合には、口コミもいいですが
日本人間の口コミですと、日本人価格に値段が跳ね上がっている
場合がありますから、
そこは避けて、まずはタウン誌や各国のアソシエーションなどに
足を運んだりして自分の力で探す事をオススメしますよ。

私は最初は日本人口コミからはじまり、
次はインターの先生と友達になってその人から教えてもらい、
次は同じコンドミニアムで友達になったイギリス人の女の子に
教えてもらいました。

こちらは日本語が話せますから、ギブアンドテイクでやるのも
一考です。


posted by ひかりん at 23:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

車検について

マレーシアは車検がないです。

どこかが壊れるまで、途中で止まっちゃったりするまで
なんのチェックもなしに乗り続けることができます。

まあ、そんな怖いことはしないと思いますから
自主的にメンテナンスをする程度でOKです。


ということで、街中の車はオンボロなのが多いです。

ケンとメリーのスカイラインとか
超古い日本車が走っているので
とても懐かしくなりますよ。


ボルボやベンツはがっしりして長持ちするので
結構チャイニーズは好んで乗っています。

バイクも然りですね。

50・80・125ccのバイクは人気です。
お気軽に乗れますからね。

マレー人の人たちは
子沢山なので、父親が運転、間に息子2人一番後ろに母親が赤ちゃん
をおぶって、125ccバイクに計5人乗りで
平気で走っていたりします。

車並みです。

危ないですー。





posted by ひかりん at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

プロトンサガという車

私がペナンにいたときは
最初に購入したのが「プロトンサガ」という車です。

別名 ボロロン号。

もちろん中古で購入!
ペナン、マレーシアは車は高いんですよ。
新車ともなれば300万円はザラです。

プロトンサガは3年落ちで120万円でした。
オートマチックでこれという問題なく
3年は乗りました。

ただやはり熱帯気候なのでクーラーは年中使用するため
クーラーのガスが無くなってすぐに効かなくなるわけです。

まあ、中古ですから色々ありますが
中古車を購入するのであれば
ペナン日本人会に出向き掲示板に張ってある
情報を探すのがお奨めです。

日本人が使った車は綺麗ですし、
新車で購入して3,4年落ち程度ですから
問題ないです。

街中の中古車ディーラーもたくさんありますが
事故車であったり吹っかけられる可能性もありますから
駐在者が本帰国する際に車を処分するのを狙うのが良い
と思います。

ちなみに私の場合はボロロン号を4年弱乗って
その後プロトン社の「ケリサ」という
新車を購入。それは確か120万程度でした。
軽だったから新車でも安かったです。

オートマでなくミッションだったので
更にお安くなってました。

その車は2年くらい乗りまして、
アメリカに移動になったのですが、
その際に売りまして、引き取り価格が90万円でした。

これって日本じゃ考えられないですよね。

その後アメリカのサンディエゴに移動になったのですが、
ちょっと車の価格という話題ですので
ついでに書いちゃいます。

サンディエゴではシエンナという7人乗りのトヨタ車
を新車で300万で購入。

アメリカは日本と同じくらいですよね。

ただ、アメリカの良いところは車の価格が下がらないんです。
サンディエゴには4年弱おりまして、
本帰国の際に売りに出しました。
さて、新車で300万円で、4年弱乗り回して(3万マイルほど)
引き取り価格、いくらだと思いますか?

日本であれば買い替えであれば結構高くとってくれるでしょうが
ただ売るだけであれば二束三文でしょう。

しか〜〜〜し!
サンディエゴのトヨタディーラーで見積もりをしてもらい
なんと2万ドル(約200万)で引き取ってくれたんですよ。

これは助かりましたね。
現在ほど円高もひどくなく1ドル117円くらいの時だったから
即日本円にマネーチェンジして日本で車を買いました。

日本と比べると海外は車の下取り価格は高いです。

ペナンの車購入の話から逸れてしまいましたが、
どんな国でも必ず日本人コミュニティーがありますから
中古車探しはまずそこを最初にあたるといいですよ。
posted by ひかりん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

ペナン日本人学校

ペナン日本人学校で5年間お世話になりました。

とってもアットホームな学校で、
先生達も3年くらいの期間で赴任され、
選ばれた個性豊かな面々でした。

各学年1クラスしかなくて、
25人のクラスもあれば15人くらいのクラスも・・

小学1年生から中学3年生までの子供たちが
運動会や文化祭(学芸会)を合同でやるのが
とても良かったです。

中学生が小学生の面倒を良く見てくれて
家族のような雰囲気でした。

英会話のクラスも小学生1年生からあります。

大変なのはお弁当でした。
常夏だから傷まないものを持たせなくてはならないし、
アリがきますから、匂いが外にでないように
注意して。

ランカウイ島へ体験学習旅行っていうのも
ありましたね。

ラフレシアという世界最大の花を見るのが
一大イベント。

本当にいい経験をさせてもらえましたね。
ありがとう、ペナン日本人学校。
posted by ひかりん at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

テング熱

私はテング熱にかかったことがあります。

ホテルのプールで夕方に刺された蚊が犯人でした。
最初は目が真っ赤に充血します。

そして、多分刺されて一昼夜すると体調に変化が。

熱が出て食欲がなくなり全身に力が入らなくなり
虚脱感に襲われます。嘔吐感もひどいです。

風邪かな?と思い病院に行きました。

アドベンティストホスピタルでした。

で、さすがドクター、なれているのか
私の症状を見て、すぐにテング熱の可能性があると
判断して、テストをしました。

そのテストとは・・・!
腕を圧迫させて、血管を破裂?させるんです。多分・・
そうすると、テング熱は白血球の数が減るので
腕に無数の赤い斑点が出始めるのです。

で、斑点が出るかでないか?のテストなのです。

圧迫されて腕が切れそうに痛かったのを覚えてます。
で、斑点が出たんですよー。

即入院と言われ、白血球の数が増えるまでとか言われて。
うろ覚えですが、2日間入院して、悪化しなかったので
退院できました。

あれは本当に辛い体験でした。
テング熱防止策は蚊に刺されないことに尽きる
のですが、こればっかりはねぇ・・

2度目にテング熱にかかると
相当重症になるらしいです。

友人の息子さんが2度目にテング熱にかかったときは
鼻血が止まらなかったらしいです。

外に出るときは虫除けスプレーでガード
部屋の中では、ベランダなど、雨水や水道水などの綺麗な水が
溜まっている場所にテング熱の蚊が産卵するそうですから
いつもチェックしておくことが大事です。

まあ、めったにかかることはないですが、
事故みたいなものですね。

とにかくお気をつけ下さいませ。
posted by ひかりん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

バツーフェリンギ

バツーフェリンギ、略してバツフェリと地元では呼ばれています。

バツーフェリンギはペナン島では一番有名なリゾート地ですね。

ホテルは、
ラササヤンホテルを筆頭に
ゴールデンサンズホテル・ムティアラホテル(日航)
ホリデイイン・などなど、有名どころのホテルが
軒並み続くバツーフェリンギのビーチ。

ガーニードライブからは車で30分ほど走れば
バツフェリに到着します。

山と海に挟まれたワインディングロードは
景色も最高で気持ちいいですね。

ガーニードライブあたりに住居を構えて、
休日に気晴らしがてら一泊くらいで
バツフェリに遊びに行くのも素敵です。

ホテルに一歩足を踏み入れたら
そこは別世界。

いきなり高級リゾート空間が目の前に広がり
ラグジュアリな体験ができますよ。

ラササヤンクラスで一泊400ドルも払えばオーシャンビューの素敵な
部屋に宿泊出来ます。

私がペナンに住んでいたときも
連休などには家族でホテルに泊まりに行ってました。

お気に入りはゴールデンサンズホテルです。
そこのスウィートルームを借りて
贅沢に過ごします。

話が長くなりましたが、

バツフェリに住む!ということも可能です。
海側にはあまりコンドミニアムはないですが、
山側ならいくつもあります。

友人がバツフェリに住んでいましたが
山の緑と海の青に包まれた環境で
本当に気持ちの良いおうちでした。

ただ、街まで出るのに車で30分といえども、
街とバツーフェリンギをつなぐ道路は一本のみ。

マレーシアですからちょっとした接触事故など
あちこちで見られますので、
事故渋滞は日常茶飯事です・・

そうなると日常生活の上で、街までの移動時間が確実に
読めないということが、気になるところです。

モーニングマーケットなどはバツフェリにもありますから
そちらで買い物を済ますことが出来れば
用事が無い限りは街に出てくる必要などは
ないですから、良いのですが。

バツフェリは観光客使用の街なのです。



posted by ひかりん at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

グリーンレーン

グリーンレーンは、プラウティクスから空港方面に向かう
ペナン島の産業道路ともいうべき動脈ともいうべき道です。

グリーンレーンとは道路の名前なのですが、
プラウティクス寄りの地域ですと
グリーンレーンから少し中に入った場所に
「スリ・ヨーク」という日本人がたくさん住むコンドミニアムが
あります。 


そこからは日本人会館も近く住むには便利です。

ターフクラブというゴルフ場も近くにあり
静かな地域ですね。

また、グリーンレーンをまっすぐ北につっきっていくと
ボタニカルガーデンという大きな公園があります。

そこはウォーキングのメッカで
たくさんの人々が遠くから車でやってきて
公園内を歩いています。

山登りもできるので
フィットネス大好きな人には
オススメの場所ですね。

山猿の群れがいっぱい居るので
山歩きのときにはちょっと怖いです。

サルに追いかけられたことがあります。^^

また、巨大ムカデとか巨大アリなど
熱帯特有の昆虫や軟体動物が目白押しで
怖いです。

蛇や巨大トカゲなども豊富?です。

車を購入するのであれば
グリーンレーン沿いのコンドミニアムを見て回るのも
オススメですね。

プラウティクスより安価で、
日本人が少ないですから
地元のチャイニーズと仲良くなって
より地域に密着したペナン生活を
送れるはずです。
posted by ひかりん at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

ペットを飼うことについて

ペナンのコンドミニアムってペットは飼えるところ
あるのか?

これは日本ほど厳しくないです。
日本の賃貸マンションはペット厳禁!とか
小型犬はいいけど猫はダメとか、一匹までとか・・・

16年海外に居て、去年日本に戻ったのですが
日本では猫が飼えるマンションを探すのに一苦労で、
管理側が厳しいので本当にたらい回しというか・・
散々でした^^

その点、マレーシアはアバウトですね。
わざわざ飼っているということを
言わなくても平気です。

ウチはずっと猫を飼っていました。
そして、猫が居ることはオーナーには言いませんでした!!

内緒にするつもりはなかったし、
家族の一員だから堂々としていました。

大した問題もなく飼っていたので
飼うこと自体は問題がないと思います。

ただ、ペットがカーテンやソファ、家具などを
引っかいたり噛んだりしますよね、
そこはきっちりガードして気をつけてください。

もしダメージがあれば確実に弁償しなければならないので。

かわいいペットを連れての
ロングステイを考えているのでしたら
そこは何とでもなりますので
ご安心下さいね。
posted by ひかりん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

プラウティクス

プラウティクスはペナンの繁華街ジョージタウンについで
賑やかな場所ですね。

ガーニードライブにも近く、モーニングマーケットもあり
小さな商店街が立ち並ぶ活気アル街です。

日本人もたくさん住んでます。
歩いていけるショッピングセンターもあります。
ガーニープラザやモーニングマーケットは
徒歩範囲ですね。

日本人学校に通う子供達もたくさん住んでいますから
日本食店、日本食材店(藤屋)も豊富。

塾もあるし本当に便利です。

ちょっと足を伸ばすと海沿いのガーニードライブがありますから
朝夕のお散歩にはもってこいですね。

ただ車やバイクの交通量が半端じゃないです。

コンドミニアムはメインロードから道一筋離れた場所
に多く点在していますから
比較的静かです。

私もプラウティクスに住んでいたときには
よく歩いてチキンライスやバクテーを食べに行ったり
モーニングマーケットや藤屋に行ってました。

しかし、荷物が多いと歩くのも大変ですから
そして、暑いですから、
近くでも車で行ってしまうことが
多かったですね。

車を持たないで生活をしようと
思っている方であれば
プラウティクスは本当にオススメです。
posted by ひかりん at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

3ヶ月の冒険

マレーシアの観光ビザは3ヶ月間!
要するに一回入国すれば3ヶ月間は滞在できるということです。

3ヶ月間もの長い期間をホテルで生活するのは
ちょっとコストがかかりすぎますよね。

そこで、ウィークリーマンションのようなものを利用するのです。
(ちなみに相場は一泊50ドルくらい)
3ヶ月にしてみたら140000円です。
キッチンや洗濯機がついているので生活に不自由しません。
日本の一か月分の家賃程度ですから
ここは思い切って3ヶ月間の旅立ちの準備を始めてみるのはいかがでしょう。

3ヶ月住んでみるといろんなことがわかります。
ロングステイで3年くらい住もうと思っているんであれば
コンドミニアムの下見とか立地とか車のこととか
やることはたくさんありますね。

キッチンは付いていますが、
ペナンは外食も安いので外で食べたほうが
安くつくということも楽チンできるメリットですね。

3ヶ月間海外移住計画を立てて、ちょっとまとまったお金も必要になって
くると思いますが。

そうそう、インターネットビジネスを勉強して
海外でネットで稼ぐことが出来たら素敵ですね。


朝はプールかウォーキング
午前中は海の見えるテラスで仕事
午後は少し昼寝をして昼過ぎあたりにゴルフ!なんて
最高ですよね。
日暮れは遅めですから、夕焼けとともに家路につき
オープンレストランでビールと中華でお気楽に、
夜は夜風にあたりながら少し仕事をして・・

やはり、近いうちに海外脱出したくなってきました。
一緒にどうですか?

こんな記事を書いていたら自分が旅立ちたくなってきました。
posted by ひかりん at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペナン島の場所

ペナン島はマレーシアの西北に位置するとても小さな島。
南北24km東西15kmのペナン島は
一昔前は東洋の真珠と呼ばれていました。

とても綺麗に開発されたリゾート地でもあり、
足を伸ばせば、パヤ島・レダン島など
ダイビングのメッカがたくさんあります。


ところでマレーシア半島ってどこにあるかご存知ですか?
シンガポールは有名ですが、マレーシアってどこにあるの?
っていう方結構多いんですよね。

いわゆるマレーシアはシンガポールとタイランドを結ぶ半島のような
形になっているといえばわかりやすいでしょうか?

カニさんの爪のように
ひょろーっと伸びている半島がマレーシア。

マレー半島の北西に位置するペナン島は
車だと高速道路飛ばして3時間くらい北上したところです。

マレーシア本島からはペナンブリッジという
東洋屈指の長大橋「ペナン・ブリッジ」で結ばれて
います。penang.jpg




マレーシア本島の港町バタワースという場所からペナンブリッジを介してペナン島に行くことができます。

全長13.5キロメートルのペナン・ブリッジは観光名所でもあり
壮大な眺めを楽しむことができます。

バタワース側からペナン島に向かって走ると、橋の真ん中あたりから
ペナン半島がよく見えて、夜景がとても綺麗でロマンチックです。
posted by ひかりん at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

ペナンの人はフレンドリー

ペナンに住んでいる人たちは、とってもフレンドリーです。
ペナン島から車で一時間ほどのマレーシア本島のバタワースという
地には日本の企業がたくさんあって、日本企業で働いている
マレーシアの人たちがたくさんいるのも理由ですね。

日本語のカタコトを話せる人も結構います。
公用語は英語ですが、ある程度間違ってても
単語さえ通じれば身振り手振りで伝わってしまいます。

ペナンに住む人にとって英語は第2母国語ですから
話せない人もたくさんいますので、
お互いにカタコトの英語でも理解しようとする
協力的な姿勢が感じられてホッとするのも
マレーシア・ペナンの良いところ。

昔の戦争の傷跡もあり日本人を嫌う人もいますが
今日ではめったにそういうことはなく
お隣さんと仲良くなってお互いの国の料理を教えあったり
言葉を教えあったりと、とても友好的な関係を築くことが
可能です。

また、ペナン日本人会という機関も充実しています。
そこではたくさんのサークルがあり、
お茶・お花・コーラス・ラタン・クッキングなどなど
趣味を楽しむ日本人の仲間がたくさんいます。

今まで培った自分の多彩な能力を
ここペナンで活かすことも可能ですよ。

現地の人達に日本の文化を伝える機会もたくさんあります。
着物の着付けなどのボランティアもとても喜ばれますよ。

個人的にはコーラスをやっていたので
日本の古きよき時代の歌をマレーシア大学で歌ったことも
ありました。

歌は国境を越えるといいますが
とても良い体験でしたね。

posted by ひかりん at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

日本からの距離

日本からペナン島までは
飛行機で7時間弱くらいですね。

直行便だと6時間強くらいで到着しますが
クアラルンプール(首都)で乗り換えをしなくては
いけない場合はトランジットで時間がかかりますので
8時間くらいかかってしまう場合もあります。

ペナン国際空港はとても綺麗。
飛行機が着陸するときは
海の上を低空で飛び
眼下にはペナンブリッジが綺麗に見えて
とても楽しいですよ。

またペナン島が小さいということが
空からみるとよく分かります。

上から見ると海の色はエメラルド色で
とても綺麗、灼熱の太陽が照らすやしの木

のんびりとした南国の島 ペナン。

直行便で6時間強であれば
日本からの行き来も楽です。

飛行機を予約するときには
前もって直行便のある曜日を調べておくと
良いですね。

マレーシア航空
シンガポール航空
JAL・ANA
キャセイ航空などなど
たくさんありますから
ペナンでロングステイを考えているのであれば
直行便が楽です。

日ごろからチェックして確かめておきましょう。
posted by ひかりん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

現地の人たちの平均月収

マレーシアンドルはだいたい1ドル=35円前後。

現地の既婚者で家・車を持っていて子供も2人くらいの人たちの
平均月収は3000〜5000ドルくらいでしょうか。


日本円に換算したら18万円くらいでしょう。

家族持ちで17万円の月収ですから、
夫婦二人ですとその3分の2くらいでいけるのではないかと
感じます。

実際私が住んでいたときでも、やりくりを上手くすれば
(特に食事関係)10万円あれば余裕の生活ができたのではないかと
思います。

ロングステイは年金で生活できる!といううたい文句がありますが、
確かにそのとおりなのです。

自家用車を持つ場合は、ちょっと気に留めてもらいたいのですが、
やはりペナンを楽しむのであれば車があったに越したことはないです。

なぜなら暑い国ですからあまり長距離を歩くのはおススメできないですし
バイクも多いので危ないということもあります。

あいにくマレーシアは車は高い方なので
中古車を購入して乗りつぶすくらいでちょうど良いかと思います。

私は最初に買った車はプロトンの中古車。それでも120万円くらいしました。
今はもう少し安くなっているとも思いますが。

車を乗りたいのであれば、車用の資金は生活費とは別口で準備したほうが
良いと思います。

あとは、光熱費、ガスと水道は安いですが、電気代は結構高くなっています。
部屋の中は結構涼しいので自然の風でクーラーなしで過ごすのが
一番の節約になるはずですね。
蚊は普通にいますので、網戸は必須です。
posted by ひかりん at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

ゴルフ代っていくらかかる?

ゴルフ天国マレーシア!
といわれているくらい
ペナンはゴルフをするのがお手ごろ価格です。

大体18ホール回って
50ドルくらいですから、1800円程度と考えていただければよいですね。

1800円で18ホール回れたら
ゴルフ狂の方はいても立ってもいられないのでは
ないでしょうか?

ロングステイですからあわよくば毎日だって回ることだって
可能ですよね。
毎日ゴルフしても一ヶ月で5万円かからないです。

私が住んでいたころも時々ゴルフに行きました。
ウィークデイは土日に比べてもっとお安くなっていて
友達を誘っては回っていました。

狭いペナン島の中ですがゴルフ場も結構あります。
3,4コースはありましたね。
またちょっと足を伸ばしてバタワース側まで車を走らせれば
素晴らしいゴルフ場がたくさんあります。

ただ常夏ですから日中は炎天下の下で暑いです。
日焼けもしますから、しっかりと日焼け対策をして
水分補給を忘れないように注意しなくてはなりません。

でも日陰はひんやりとしていますから
適度に休憩を取りながらゆっくり回るのが
おススメですね。

もちろんカートもありますし、キャディさんもいますよ。
ペナンのキャディさんは男性が多いですね。
少年のような子もいます。みんなとても人懐こくて
打ち方を教えてくれたりでとてもフランクです。
キャディフィーは10ドルくらいだったでしょうか。
私はキャディさんをつけるのがあまり好きではないので
カートだけで十分ですね。

そうそう、カート代は20ドルくらいだったと思います。
仲間と割り勘にすれば安いものですね。

ゴルフが終わった後は、キャンティーン(レストラン)で
辛いエスニック料理が待っています。

疲れたからだに辛い料理はパンチが効いて最高です。
私はいつも辛い味付けのヤキソバのようなものを好んで食べていました。

車を運転して行ってるので、ビールは飲みたくても我慢!でしたが、
フレッシュジュースなどとても充実しているので
最高に健康的です。

グァバ・オレンジ・スターフルーツ・パパイヤ・マンゴー・アップル
などなど、本当にフレッシュジュースですから贅沢ですー。
posted by ひかりん at 12:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

保険について

ロングステイにとっては
保険って一番重要な点ではないかと思います。

日本にいれば国民健康保険がありますが
海外では使えないですよね。


でも、ご安心下さい!
私が在住していたときには
海外旅行傷害保険という保険に加入していました。

これは日本を出る前に手続きをして加入するもので、
海外でも使える保険です。

たとえば短期間の旅行の場合などは
保険に入りますよね。

あれの長い版です。

風邪を引いたり、転んだり、事故にあったりなど
日常生活のなかでは何が起こるかわかりませんよね。

私は16年住んでいましたが、保険を使ったことは
風邪を引いたとき、指を怪我したとき、
息子がサッカーの試合で腕の骨を折ったときなどなど・・
あと。テング熱にかかったこともありました!

全て保険でまかなえましたよ。
現金は一切払っていません。

なので必ず日本を出る前にこれら海外傷害保険の手続きを
済ませておくことが必要です。

病院にいって保険証書を見せれば
その場でお金をはらうことなく
保険でカバーしてもらえます。

三井住友保険や東京海上保険など
海外旅行傷害険を扱っている保険会社はたくさんありますので
事前にしっかりと調べておくことです。

三井住友 海外傷害保険 で検索すれば
一発で出てきますので勉強してみてください。

またペナンは狭い町ですが、大きな病院から町医者まで
たくさんの病院があります。

日本人が使える保険を扱っている病院は
アイランドホスピタル
セブンスデイズアドベンティストホスピタルなどが代表的です。

また、健康診断などは保険でまかなえる範囲外になります。
そうそう、歯医者は安いですよ!
歯を治すの出ればペナン島で、良い先生もたくさんいます。

あとレーシックも盛んです。
日本の三分の一くらいの値段で可能ですから、結構日本人の友人はやってました。

アンチエイジングでは、ボトックスやヒルアロンなどのプチ整形も盛んです。
それらの値段も日本の半額くらいで出来ますね。

何でも安いペナン。
最高ですね。
posted by ひかりん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人が住みやすいわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。