スポンサードリンク

2008年03月19日

ベランダからの眺め

penann .JPG

これは以前住んでいたリージェンシーから
見たガーニードライブとプラウティクスの眺めです。


写真をみるとわかるように、本当に海の目の前にコンドミニアムが
密集しているんですよ。

目の前にそびえるのはシルバートンというコンドです。

昔ペナンに着たばかりの頃、シルバートンのペントハウスは
ジャッキーチェンが買ったとうわさをされていたくらい
ペナンでは有名なコンドミニアムでした。

シルバートンの後ろに広がるのがプラウティクスです。
小ぶりなコンドがたくさんありますが、
どれもとてもしっかりした作りで、中は広いですよ。

古いコンドも多いですが、
オーナーがきちんとした人であれば
内装はとても良いし、リビングはとても広い作りですから
十分贅沢な空間を楽しめるはずです。

この写真を撮影したのは日の向きを見ると
西日ですから夕方かな?

快晴の日の正午あたりは空の真っ青が海に反射して
それは綺麗なブルーに見えるんですよ。

竹製の音がなるオーナメント?(日本で言う風鈴のようなもの)
をベランダの窓に引っ掛けて、
南風で揺れてカラ〜〜〜ンという素敵な音を聞きながら
海を眺めてボーっとするのも
素敵です。

ああ、いとしのペナン。
posted by ひかりん at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナン島の賃貸コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

ガーニードライブ

ガーニードライブは海に沿って走る
観光地です。

私が居たころに人気があったのは
シルバートンやリージェンシーというコンドミニアムですね。

ガーニードライブの切れ目のところには
ぺシアランガーニーという昔から日本人がたくさん住む
老舗があります。

ペナンに居たころは
そのペシアランガーニーによく通いました^^

そのころは空手を習っていて、
ペシアランガーニーの多目的ホールが練習場だったのです。
剛柔流という沖縄空手を教えてくれる
エディさんとリューさん、マーカスさんという
空手の師匠たちとよく遊んだことを思い出します。
今も教えているのでしょうか?
懐かしいです。

話が逸れましたが、

シルバートンには1年間住んだことがあります。
プールには滑り台もあり、テニスコートは屋上に設置、
ベランダからの海の眺めは素晴らしかったです。

当時で4000ドルの家賃でした。

リージェンシーにも住んだことがあり、
室内は体育館のように広く掃除が大変でしたが、
(ココが例のイカサマオーナーの持ち家)
今はもう時効なのでバラしちゃいます。^^


あとはガーニードライブ沿いの
フィッシュヘッドカリーのお店 「77」
があるのは有名だと思いますが、

その裏にモスクがあって、
その後ろに立っているのが
セリーナアパートといいます。

そこにも住んだことがあります^^

そこも景色が最高で
ファシリティーな少ないというか
何もないのですが、
エバーグリーンホテルのフィットネスセンターを
使える会員権付きでしたので
とても良かったですね。

またリージェンシーのとなりには
ガーニープラザという大手ショッピングセンターが
入っていて、たくさんの人が集まってくる
社交場という感じです。

歩いていける距離に住めば本当に便利ですね。

ガーニープラザの裏にあるコンドミニアムも
人気がありますね。
名前は忘れてしまいましたが、ガーニータワーでしたっけ?

とにかくガーニードライブ沿いはペナン初心者のロングステイには
オススメです!

posted by ひかりん at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナン島の賃貸コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

コンドミニアム契約その1

契約において大事なことは
何年の契約で借りるかを明確にすることです。

1年契約でOKの場合もあるし
2年じゃないとダメという場合もあります。


住んでみて気に入らないことがあっても
契約期間は引越しが出来ないですから
よーーーく抜かりがないかをチェックして
決断しましょう。


あとはオーナーの人柄です。
重複しますが、本当に大事です。

狸が狐をだます、じゃないけど
本当に最初は良い顔しながら
契約が終わると、突然冷たくなる
オーナーがいるのも事実です。

次に要チェックなのは
契約が切れるときには
契約を続行するか、もしくは引っ越すかを
オーナーに知らせなければなりません。

また急な本帰国になった場合には
ノーティス(解約する何ヶ月前には伝える)
を守れば、余分に家賃を取られることが
ありません。

ですので、このあたりしっかり
押さえておくことが重要です。

また日本では敷金礼金というものがありますが
ペナンのコンドミニアムも同じです。

最初に家賃の何か月分かをデポジットとして
払います。

そして家を出るときに
故障箇所や汚れた部分の修理代を
差し引かれます。

ウチの失敗談なのですが、
バスルームのタイルが
何もしないのに剥がれ落ちてきて、
それをオーナーに伝えていたにも
関わらず、家を出るときに
修理代をウチが払うはめになりました。

デポジットで済むどころか
日本円にして70万円の修理費を
請求されたという
詐欺まがいのオーナーに出会ったことが
あります。

ですから、本当に注意深く契約をしてください。

日本の常識は海外の非常識ですから。
こちらが何を言っても
華僑のがめつい中国人には
相手にしてもらえないのですから
気を引き締めて事に当たってください。





posted by ひかりん at 08:52| Comment(3) | TrackBack(0) | ペナン島の賃貸コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

不動産屋の選び方1

私はペナン在住中の8年間で引越しすること4回。
住んで見ると分かるのですが、
やはり日当たり、水回り、ゴミ関連、マンション自体の作り
家具、駐車場、などなど・・・

住んでみて分かる必須条件ってたくさんあるんですよ。

だからこそ、不動産屋さんはあしげく通うのです。
ひとつの不動産屋に絞ってもいいですが、
お金や自分のために変な物件を進めてくる中国人もいますから
要注意です。

日本のように「お客様は神様です」という姿勢ではないので
全てを信じ込んではなりません。

しつこくいろんな物件を見て回り、
自分の目で、自分の感覚で、しっかり見比べて
見極める必要があります。

そこは自己責任です。
私はけっこう辛い思いをしましたから。

借りる部屋のオーナーの人柄も要チェックです。
良いオーナーに当たれば
家具や電化製品が壊れたときには
オーナーが取り替えてくれます。

悪いオーナーに当たると
自分で修理する羽目に合います。

クーラーも装備されているのが
普通ですが、
使い始めたとたんに水がたれてきたり
そんなの普通というマレーシアですので

電化製品に関しては
契約する前に、壊れた場合の対処は
どうするのか?を不動産屋を通して
オーナーと掛け合う形がベストです。

まずは、何件かの不動産屋を回って
良い担当者を見つけることです。
接客がよく、人柄がよく、誠実な人を見抜く
ことです。


posted by ひかりん at 08:37| Comment(1) | TrackBack(0) | ペナン島の賃貸コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

コンドミニアムとは?

ペナン島のコンドミニアムには
ほとんどと言っていいくらいに
★プール
★ジャグジー
★テニスコート
★サウナ
★ジム
★レストラン
★クリーニング
★ミニマーケット
これらがファシリティーとして付いています。

これって最高ですよね。
レストランやミニマーケットに関しては多少規模の大きめな
コンドミニアムに限られますが、それでもプールやマシンジムは
常備されているのがほとんどです。

泳ぎたければいつでも泳げます。
朝早い時間のスイミングは最高ですね。
自宅にあるわけですから、水着を着てバスタオルを巻いて
ビーチサンダルで行けちゃうわけですからね。

サウナも自由に使えるところがほとんどなのですが、
泳ぐ前にサウナのスイッチを自分で入れてから(セルフで)
使う必要がありますよ。電気の付けっぱなしはもったいないですから
自己責任で使うわけです。

まあ、ルールはいろいろありますが、
そんな素敵なコンドミニアムですが
御家賃のほどは・・・・

気になりますね。

新築か古いか、
便利な場所かどうか
広さや家具の具合
窓から見える景色など・・

条件を挙げればキリがないですが
ロングステイということで
あまり家賃にお金をかけたくないのであれば
プールなどのファシリティがついていて
1000ドルあれば素晴らしいコンドミニアムが
借りられます。

1000ドルって3万5千円ですね。

安いです。日本じゃこんな豪華なファシリティがついていたら
ウン十万円ですよね。
この点がペナンコンドミニアムの最大の魅力です。
テニスやスイミング海辺の散歩など、
これからの毎日を健康的に過ごすにはもってこいの
住環境を手に入れられます。
posted by ひかりん at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナン島の賃貸コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。